マイページへログイン お問い合せ
RSS

着付教室


代表あいさつ

古来日本人は、衣食住すべてに季節感を取り入れながら暮らしてきました。 冬から春へ、あるいは秋から冬へと季節が移ろうときの喜びや一抹の寂しさ といった微妙な表現は、豊かな日本語を生み出し、
きものの色、柄、文様などにも美しく反映されてきました。
「美しく正しい技法を楽しく伝える」をモットーに、 教室では、季節に寄り添う心を大切にしながら、「きものを美しく装う」お手伝いをいたします。

さいとう着付教室代表

日本きもの指導者協会講師

着付教室<生徒募集>

さいとう着付教室では着付けと並行して日常でも役に立つお作法や、 着物と帯の格の合わせ方・季節感・色柄の組み合わせなどのコーディネイトも楽しみながら学べます。
特に、コーディネイトについては他のお教室を経験された方々からも大変ご好評いただいています。
これから着付を始めたい方でも着物と帯さえお持ちになればすぐに始められます。
見学も可能ですのでまずはご連絡ください。

さいとう着付教室の特徴

(1)必要な内容だけ集中して学べます

I.着付講師としての資格取得を目指すことができます

II.「きものを着たい・着せたい」という目的の方も
ご指導します
 「一人で浴衣を着られるようになりたい」
 「お嬢さんの七五三や成人式の振袖を着つけたい」
 「(美容師さんなどの)仕事に活用したい」など、
ご希望にお応え致します。

ダミー

(2)器具を使わない手むすび技法です

器具を使うことで着物や帯をいためることがありますが、 さいとう着付教室では、昔ながらの手結びのため、必要最低限の物しか使いませんので、 着物や帯をいためません。
また、手結びであるがゆえに、その人その人に合った個性的な着付けができます。

着付で使用する最低限の道具一式

着付に必要な小物類


(3)便利な「結ばない帯むすび」を習得できます

事前に形を作ってから体に装着する便利な帯結びです。 帯をとけば元の帯に戻りますので、作り帯のように帯を切断する必要はありません。

I.前もって形を作っておくことが出来るので、着用当日になって慌てずに済みます。

II.帯の長さが足りない方でも、結び目がないので、比較的、融通が利きます。

III.しめつけることがないので、ご高齢の方でも身体に負担がかかりません。

IV.帯結びの種類も多彩で、礼装の「二重太鼓」や、 ミスの変わり結びである「文庫」や「ふくら雀」なども作ることができるので、 自分で振袖を着ることができます。

結ばない帯むすび文庫

結ばない帯むすび「文庫」


文庫装着

「文庫」を装着


インフォメーション

お稽古日時

(1)毎週 火・木曜日    10:30〜12:30
(2)毎月 ※第1・第3土曜日 10:30〜12:30
※月によって他の週に変更することがあります

料金

入会金 2,000円
講習料 1,000円/1回
テキスト代 3,500円

お稽古場所

千葉県市川市八幡2-7-19 KKレジデンス102
JR本八幡駅から徒歩3分
店舗・着付教室までのアクセスマップ

お問い合わせ

047-336-8088(さいとう呉服店)
047-338-2029(夜間)

ページトップへ